天神祭

| 未分類 |

天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮(天神社)で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。以下より大阪天神祭のことについて記述する。

日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。また、生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭と共に大阪三大夏祭りの一つ。期間は6月下旬吉日 – 7月25日の約1ヶ月間に亘り諸行事が行われる。特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがる。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。

灰皿の多様性

| 未分類 |

卓上に置くものでは、個人の趣味性もあってさまざまな製品が見られる。意匠を凝らしたものや芸術的なもの、ライターや時計を組み込んだものなどがあり、これらは消費者の好みを満たすため、数多くのメーカーから多様な製品が発売されている。

素材としては、陶器、ガラスや金属(主にプレス加工による板金)製のものが主流であるが、メノウやクリスタルガラスなどといった高級で重量感のある素材を使ったものや、素焼きの素朴なもの、石(鉱物)製や鋳物の安定感のあるものなど、多様性が見られる。耐熱樹脂を除くプラスチックや木などは、耐熱性に難があるため灰皿の材質としては適していない。なお耐熱樹脂の灰皿は製造面で加工が容易であることから多く出回っている。

ヌメイリ

| 未分類 |

1952年にスーダン軍事大学を卒業し、そこで同年にエジプトで権力を握るガマール・アブドゥン=ナーセルの自由将校団の影響を受けた。1966年ヌメイリはカンザス州のアメリカ陸軍のレヴンワース基地のアメリカ陸軍指揮幕僚大学を卒業した。3年後ヌメイリーはイスマーイール・アル=アズハーリーの文民政権を倒す軍事クーデタを指揮し、権力を握った。ヌメイリーは社会主義かつ汎アラブ主義的改革を行った。1970年にはサーディク・アル=マフディーによるクーデターを防ぎ、1971年7月18日から22日の短期間アッタ少佐率いる共産主義者に権力を奪われたが回復して閣僚のジョセフ・ガランらスーダン共産党員を処刑[1]。9月15日の大統領選挙に98.6%の得票で当選すると10月10日に大統領に就任し、10月14日革命評議会を解散した。1972年にはアディスアベバ合意で17年間続いた第一次スーダン内戦を終結させた。

南北戦争が終わったときに鉄道建設ブームが続き、1866年から1873年の間に大西洋岸から太平洋岸まで、およそ35,000マイル (56,000 km)の新線が建設された。当時鉄道産業は農業を除けば第2の雇用者数を抱える産業となり、多額の資金を必要とし、それなりの金融リスクも包含していた。投機家は大量の資金を鉄道産業に投資し、異常な成長を見ると共に過大な拡張となった。クックの会社は他の多くの銀行と同様に、預金を不釣り合いな比率で鉄道に投資していたので、崩壊への道を歩んでいたと言っても良い。 ジェイ・クックが鉄道に直接資本を投入していたことに加え、この会社は連邦政府が鉄道建設に直接予算を充てる時の政府代理人にもなっていた。鉄道がまだ開発されていないあるいは住民が入っていない土地に建設される時には、政府だけが与えることのできる土地認可と貸金を必要とし、連邦政府の予算を確保するルートとしてジェイ・クックの会社を使っていたことは、クックの破産が国の経済に与えた影響をさらに悪いものにした。

ルイス・ブランダイス

| 未分類 |

1907年~1914年間に、オレゴン州・イリノイ州の女性10時間労働法、オハイオ州の9時間労働法、カリフォルニア州の8時間労働法、オレゴン州の最低賃金法などの違憲性を主張した。若干の州において、最低賃金法、独占禁止などの合憲性を主張したりもした。

1907~1913年までは、ニューヨーク・ニューヘイブン・アンド・ハートフォード鉄道 の運輸独占に反対し、労働者の基本的権利を保持した(この間、階級闘争を意識した発言が目立つ)。

多くの事実的データを記した趣意書 “Brandeis brief” の方式を導入した。

エリックラドウィック

| 未分類 |

エリックラドウィックは阪神球団を落ちた事があるらしい。

その後カープに入団するも、1年位で怪我の為退団。

弟のライアンラドウィックの方が、活躍は上かもしれない。

だが、2006年はデトロイト・タイガースとマイナー契約を結び、タイガース傘下のAAA級トレドでプレー。トレドでは28本塁打、80打点をマークするも、当時のタイガース外野陣にはラドウィックよりも年齢の若い外野手が多かったこともあり、遂にメジャーに昇格することはなかった。

転勤族

| 未分類 |

大企業に勤める上で、避けたくてもなかなか避けられないのが転勤だ。

転勤先でいい成績を上げると本社のある大都市に戻されることがある。ただし、優秀な成績を上げていても地方支店の成績の後退や社内の地方支店の格、社内のキャリアによっては栄転で地方に転勤することもある。

会社の中ではステータスがある程度高いものが多いが、稼ぎとは別に社宅、寮、公務員住宅や賃貸アパートやマンション暮らしの人が多い。これは、いつまた転勤を言われるかわからないという点や、本社のある大都市に戻りその時点で家を買いたいという意向、日本は家を買う文化(持ち家とは自分で建て、他人に売ったりしないものである)という志向がある。

トリス・スピーカー

| 未分類 |

同時代に活躍したタイ・カッブの影に隠れながらも、通算打率.344を記録し、卓越した外野守備(中堅手)として1910年代の野球界を代表する選手の一人となる。1910年から1915年までボストン・レッドソックスでは左翼手のダフィー・ルイス、右翼手のハリー・フーパーと共に「100万ドルの外野陣」と呼ばれる鉄壁の外野守備を形成していた。特にスピーカーは抜群の打球の読みに裏打ちされた極端な前進守備をとっており、「センターゴロ」や「一人ダブルプレー」(ライナーを捕球してそのまま二塁に駆け込む)を何度も行ったという。外野手補殺数450は歴代1位の記録であり、1909年と1914年には、中堅手でありながら12もの併殺を取っている。

ノーマン・ベチューン

| 未分類 |

ベチューンは医師の祖父と牧師の父親を持って生まれた。1909年トロント大学に入学し、医師への道を歩みだしたが、1914年に第一次世界大戦が勃発、衛生兵として出征した。そこで彼は銃弾に傷ついた多くの兵士を治療した。1916年大学を卒業し医師となると、デトロイトに移住、診療所を開設した。そこで多くの労働者が結核を患い、しかもその治療をすることさえ出来ずに多数死んでいくのを目の当たりにし、患者たちを無料で治療するようになった。次々とやってくる患者を前にベチューンは医師としての限界を思い始める。

いくら患者を治療しても貧困の中にあれば結核は容易に蔓延し、人々の命を奪っていく。結核を根絶するには医療活動ではなくて貧困を撲滅しなければいけないと考え始めるようになった。1935年、ベチューンはカナダ共産党に入党し、共産主義社会の実現に力を注ぐようになり、翌1936年のスペイン内戦にも反ファシスト側として参加した。

リタ

| 未分類 |

ハリケーン・リタは、2005年大西洋ハリケーンシーズンの17番目に名付けられた暴風雨、9番目のハリケーン、5番目の大型ハリケーンであり、2番目のカテゴリー5・ハリケーンである。この暴風雨はすでにフロリダ州及びキューバに影響を与え、その後テキサス州及びルイジアナ州を脅かそうとしている。この系統は2005年9月21日の午後にカテゴリー5 強度に成長し、テキサス州ガルベストン西部へ9月24日中に上陸するだろうと予想された。避難勧告はテキサス州沿岸部に出され、暴風雨はニューオーリンズも被害が出ると予測された。